相続コラム 相続の相談は誰にすればいいの?

相続の相談_はまだ税理士事務所
相続についてのお悩みは、考え出すだけで気が滅入るものです。
法律の分野でありながら、親族間の結びつきも考慮しなければなりません。

身内に突然不幸があり、経験のない相続手続きを進めることになった
葬儀を無事に終えたがこのあとの手続きがわからない
父の口座が凍結したが口座解約の進め方がわからない
知り合いから相続税がかかると言われたが何から手を付けていいかわからない

といった相続が発生した後(身内の方がお亡くなりになった後)のお悩みもあれば、認知症、介護、老後資金、将来の遺産分割、といった将来の相続に対するお悩みもあります。

はまだ税理士事務所の無料相談では、日々ご相談者様のお悩みを聞かせてもらっておりますが、多くのご相談者様が「誰に相談すればいいかわからなかった」と話しております。

そんな皆様の「相続の相談は誰にすればいいの?」といったお悩みを解決します。

結論は、相続の専門家であれば誰に相談してもよいと私は思います。

相続の相談先といったら、弁護士、司法書士、税理士、行政書士といった士業の専門家が思い浮かびますね。
たしかに各専門家の特徴はありますが、私は、どの専門家に相談してもいいんじゃないかな、と思います。
もちろんではございますが、各専門家により解決できる業務は分けられております。その資格を有する専門家の独占業務がある都合上ですね。

例えば、私のような税理士/行政書士は、不動産の相続登記を代行することはできません。

では、不動産の相続登記にお悩みがある方は、はまだ税理士事務所に相談しない方がいいのか?といったら、決してそんなことはございません。
※実際に無料相談で最も多い相談内容は不動産についてです。詳細は「相続コラム 【必見】相談内容Top5」をご覧ください。

はまだ税理士事務所も含め、各専門家は各専門家同士で横の繋がりをもっているケースがほとんどです。
もちろんはまだ税理士事務所にも提携している司法書士の先生がいらっしゃいます。
相続に強い弁護士の先生をご紹介することも可能です。

このように、各専門家により解決できる問題、できない問題はあるのですが、横の繋がりによって全てのお悩みを解決することは可能です。

そのため、相続の専門家であれば誰に相談してもよい、と私は思います。
手続きによっては期限があり、時間が経つことでのペナルティがある手続きも存在します。
まずは専門家へ相談し、状況を把握することが大切です。

どの専門家に相談してもよい、とお伝えしているのですが1点ほど注意点があります。
それは専門家によっても得意分野、苦手分野があるということです。
はまだ税理士事務所は、相続を専門としているため、相続の分野においては全てのお悩みの窓口になることは可能です。
しかし税理士や行政書士には相続が苦手の先生もいらっしゃいます。
もちろん弁護士や司法書士の先生にも相続を苦手としている先生はおります。

ですので、相談先として選ぶのであれば相続を得意とする専門家が理想です。

とはいえ、相続の専門家が身近にいれば気兼ねなく相談することができるのですが、そうでない場合は電話やメールなどで専門家へコンタクトをとる必要がありますね。
◯◯士事務所への連絡は、非常に緊張するものですよね(笑)
私も様々な専門家へ連絡をする機会があるのですが、特に電話の場合は毎回毎回緊張しております。

相続の相談をしたいけど身近に専門家がいない…、といった方は、是非はまだ税理士事務所の無料相談をご利用ください。
当事務所は、どの相続の専門家よりも相談しやすい環境を整えております。
詳細は、「相続コラム 気軽に相談できる専門家とは?」をご覧ください。
また、無料相談をご希望の方は「無料相談の流れ」をご覧ください。

はまだ税理士事務所は相続を専門とした税理士及び行政書士事務所です。
無料相談は随時おこなっており、日々多くのご相談者様にご利用いただいております。
相続税申告が必要な方はもちろんですが、一般的な相続手続きの相談だけの方でも喜んでご対応させていただきます。
どのようなお悩みでも、はまだ税理士事務所へご相談ください。